運送用トラックの稼働率が増加する現代に、整備工場での導入が勧められるサービスとは

運送用トラックの稼働率が増加する現代に、整備工場での導入が勧められるサービスとは

最近の車はガソリンを燃料として走行するガソリン車が主流となっています。軽油を燃料とするディーゼル車は減っていて、自家用車では目にする機会が減りました。

しかしながら、運送用のトラックに関しては、未だそのほとんどがディーゼルエンジンを搭載しています。そして、2020年の新型コロナウイルス感染症流行以来、通販ショップの利用が増えていることから、運送用トラックの稼働率が上がっています。

通販ショップは便利なだけではなく、実店舗に比べて低価格で商品を購入できるというメリットがあります。今後も通販ショップの利用は増えていくことでしょう。そのように考えると、運送用トラックの稼働率はさらに上がると考えられます。その分、整備の需要も上がります。このことから、今後は自家用車向けのサービスだけではなく、ディーゼルエンジンを搭載した運送用トラック向けのサービスにも力を入れていくことが重要とされます。

運送用トラックのドライバーが抱える悩み

運送用のトラックに提供するサービスの一種として推奨されているのは、ディーゼルエンジン内部の洗浄サービスです。運送用トラックのドライバーは、その多くがエンジンの不調に悩まされています。繁忙期には、トラックが稼働しなくなることもあるそうです。

ディーゼルエンジンの不調の原因は様々ですが、その中でも特に多いと言われているのが、エンジン内部に蓄積するカーボンです。燃料を燃やした際に発生する燃えカスのことで、トラックが稼働し続ける限り、エンジン内部にはカーボンが蓄積し続けます。

蓄積したカーボンは、エンジン内部を洗浄することで除去することができます。ただし、そのためにはフューエルラインやインジェクターを分解しなければなりません。スキルのないドライバーでは洗浄を行えないため、整備士を雇用していない場合、整備工場を頼ることになります。

ディーゼルエンジンの内部を洗浄するサービスは、運送用のトラックに乗るドライバーから需要の高いサービスと言えます。導入することで、サービスの利用が増え、利益アップに繋がるでしょう。

整備士のスキルを問わない洗浄機の導入がおすすめ

ディーゼルエンジンを搭載した運送用のトラック向けに、エンジン内部を洗浄するサービスを導入する際、専用の洗浄機を導入する必要があります。この洗浄機について、中には整備士のスキルに関係なく、誰でも簡単に利用できるものがあるのでご紹介します。

ADVANTAGE ENGINEERINGの「ディーゼルプロ」は、フューエルラインやインジェクターを分解せず、エンジン内部に付着したカーボンを除去できる洗浄機です。整備士のスキルによらないということは、新たに雇用した新任の整備士であっても、長く在籍しているプロの整備士と同様の質のサービスを提供できるということです。また、整備にかかる時間にも差がなくなります。

良いサービスを短時間で提供する。このような面で考えた時に、整備士のスキルを問わず使いやすいディーゼルプロはおすすめです。

ディーゼルエンジンの内部を非分解で洗浄できる洗浄機ディーゼルプロ

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA